コミュニティ・スクールのメリットとデメリットを徹底解説

コミュニティ・スクールを設置する前に気になるのはメリット・デメリットですよね。

「実際始まったらどんな良いことがあるの?」

「逆に始まったらどんな大変なことが起こるんだろう」

そんな意見もチラホラ聞きます。

そこで、学校運営協議会委員になっている僕がどんなメリットや、デメリットがあるのか?を徹底的に解説します。

コミュニティ・スクールとは

花畑で交流する人々

コミュニティ・スクールは文部科学省が2004年に作った制度。簡単に言うと『地域と共にある学校づくり』を推進する仕組みです。

そのために地域の代表や、専門家が年に数回集まり、より良い学校運営や、地域の将来について議論を行い、学校運営の承認を行う制度なのです。

この辺りはコミュニティ・スクールとはに詳しくまとめてあるので、分からなければ読んでおきましょう。

地域側がコミュニティ・スクールを導入するメリット

それではここからはコミュニティ・スクールを導入すると、どんなメリットが起こるのかを解説します。

地域と学校、それぞれのメリットをしっかり解説していきます。

それぞれの場所から見たい場合、こちらのボタンからどうぞ。

地域の困りごとや、課題に対してしっかり把握・対応してもらえる

交通安全

コミュニティ・スクールを導入することによって地域が受けるメリットの一つに、地域の困りごとや、課題に対してしっかり把握・対応してもらえるということがあります。

今まではクレームを入れるしかなかった学校運営の課題も、学校と共に解決を図ることができるのです。

例えば、僕が参画しているコミュニティ・スクールでは貧困家庭への対応をどのようにしていくか?が意見として出ていました。

この貧困家庭の対応を学校と共に考えていかないと、学校では給食を食べに来るだけ、イベント時に他の参加者のお弁当を食い漁って、そのまま帰ってしまうなどの問題がありました。

そのため、学校と地域が連携して意見を合わせておかないと、周りの地域住民に迷惑がかかるばかりか、その子に対して適切な支援や教育がなされないままになってしまうのです。

このように学校運営に対して地域の代表として意見を述べ、どのように地域の課題を共に解決していくか?を考えられるのは大きなメリットでしょう。

将来を見据えた大きな課題解決や、予算の確保などの可能性がある

教育委員会との話し合い

コミュニティ・スクールを導入することによって地域が受けるメリットとして、地域の将来の課題を見据えた大きな課題解決につながることです。

地域と共にある学校づくりを推進するコミュニティ・スクールですが、地域の課題はその場所によって大きく異なるでしょう。

例えば、僕の参画したコミュニティ・スクールでは過疎化が進んでいてシニア層ばかり、そして近所の家々の距離が離れているという課題があります。(田舎に行けば行くほどそうかもしれませんが)

そうした時、若い人たちにどうやって残ってもらうか?が課題になります。

そのため一過性の地域活性化だけではなく、教育面でも地域の人たちの触れ合いや、郷土愛などもボランティアを通じてアプローチしてもらうということを考えていました。

「この地域って素晴らしい!ここだから残りたい!」と若い人がなるには、仕事面もそうですが、残りたいと思ってもらう雰囲気が非常に大切です。そして、そのために話し合う場として用意できるのがコミュニティ・スクールでしょう。

また、そのような大きなことを動かす時、予算の話にもなります。

そういう時に教育委員会にも地域代表として意見を述べられるのは大きな強みです。

ソルティー
僕のコミュニティ・スクールの会合の際には教育委員会 学務課の職員も3名程度参加しています。会合の中で予算の話になることもありました。

意見をすると無視をできず、断る場合は説明責任を求めることができる

説明会を開いて納得してもらう

地域としてコミュニティ・スクールを設置するメリットとして大きいのは発言に拘束力がある点でしょう。

今まで、PTAや、保護者として意見をすると受け取ってはもらえるものの、その意見に対する回答がない場合がほとんどでした。

しかし、コミュニティ・スクールを通じて意見したことには発言に拘束力があるため、意見を無視することはできず、断る場合は説明責任を果たさなければなりません

発言力としては学校評議員よりも上です。この辺りはコミュニティ・スクールと学校評議員の違いをお読みください。

そのような点では地域が学校に参画する制度の中では一番意見が通りやすいと言えるでしょう。

特色ある学校にするために教職員の任用などにもこだわれる

一生懸命勉強する男子学生

地域がコミュニティ・スクールを導入するメリットとして、教職員の任用・人事にも意見を述べられるという点があるでしょう。

今、特色ある学校づくりが叫ばれていますが、これは地域の将来を見据えて「このような先生が必要だ!」と言えるのです。

そのため、学校教職員にはより高い専門性を求められる時代が来ると思います。

例えば「ベテラン層ばかりで入れ替わりの時期が不安です。そのために若い教職員がもっと必要ではないでしょうか?」ということも教職員任用に対する意見です。

ただ、教職員の任用はその人の人生にまで関わってしまうのでコミュニティ・スクールの会合でも話題に上がることは少ないです。

 どちらかというと、コミュニティ・スクール全体の目的や、何をするか?が焦点になっています。

地域全体の交流や、協力意識が深まる可能性がある

全員が一緒になっている図

地域がコミュニティ・スクールを導入するメリットとして、地域全体の交流の場や、協力意識が深まり、住みやすい雰囲気が作られる可能性があります。

ここはコミュニティ・スクールだけとは言えませんが、コミュニティ・スクールを通して何かのイベントごとや、行事、取り組みは確実に増加します。

そこに参加する人たちはコミュニティ・スクールのことを全く知らない人もいるでしょう。

そんな機会を通じて、地域の輪が広がり、協力してくれる人や、意識を変わっていく人もいると思います。

ソルティー
実際に、僕が企画した意見交流会では保護者がやってきてプログラミング教育についての疑問などを話していってくれました。

子供たちが自分たちの住む地域を好きになってくれる

素敵な場所に来て感動する子供

地域がコミュニティ・スクールを導入するメリットとして最も大事にしなければいけないのは、子供たちが自分たちの住む地域を好きになることでしょう。

そもそも、子供たちを育てて巣立ってしまったら地域の過疎化が進み、その地域はなくなってしまいます。

ソルティー
巣立つこと自体は良いんですが、地域としては人が居なくなって住めなくなってしまう問題に繋がります。

例えば、僕の参画しているコミュニティ・スクールもどちらかと言えば過疎が進んでいる地域だと思います。その地区に大きなスーパーは一つだけです。

小学校は3つありますが、バスで通っている子も出ています。年々、子供の数も減少しているのでそのうち統廃合になる可能性もあります。

そして、この子供たちが大きくなった時「この地域では仕事がない」「住みにくい」と言われてしまうようでは、地域に残るという選択肢は少ないです。

その言葉が出るということは地域の魅力に子供たちが気付いていないことも多いのです。

ソルティー
逆に僕はネットが普及した今だからどこでも働けることがメリットになり、のどかで災害の被害が少ないのは田舎の大きなメリットだと思ってたり…。

逆に大人になってから地域の歴史に触れたり、地域の魅力に気付いたりということが多かったので、そういう地域の魅力は子供のうちから知っておくと良いなと感じています。

学校がコミュニティ・スクールを導入するメリット

学校がコミュニティ・スクールを導入するメリットもあります。

それぞれの場所から見たい場合、こちらのボタンからどうぞ。

学校の課題や、現状を理解してもらえる

みんながそれぞれ納得する図

学校がコミュニティ・スクールを導入するメリットとしては、学校の課題や、現状を地域に理解してもらえるということです。

モンスターペアレントと呼ばれる保護者がなぜ生まれるのか?というのはいろいろ見てきましたが、学校の現状を理解していないというのが大きいです。

ソルティー
モンスターペアレントも自分の子供のためを考えての発言が多いです。そこを自分の子供だけしか見えなくなってしまうと、周りの迷惑につながっていくのです。

そういう点では、学校の現状を知ってもらう機会が増えたり、教職員と地域が交流する場ができるのはお互いの相互理解につながり、大きなメリットとなるでしょう。

学校運営に対してより良い案や、策を一緒に考えてもらえる

意見を出し合ってみんなで一緒になって考える

学校がコミュニティ・スクールを導入するメリットとしては、学校運営に対して新しい視点を加えたより良い案を一緒に考えてもらえるという点です。

「学校としては変わらないのが一番」を信条としている学校も多いと思いますが、変わらないのはリスクそのもの。できる限り、何かしら改善を加えていきたいところです。

ですが、学校はがんじがらめの状態で何でもかんでも「できない」と思ってしまっている節があります。もしかしたらできないのではなく、やらないだけかもしれません。

そこで、地域という新しい視点を加えることで今まで不可能だと思っていたことも取り組みをスタートできるのです。

地域には民間で働いた人や、独立開業をして、0から事業を立ち上げてきた人もいます。

どれも学校では知識が薄い分野なので、今までにはない考え方を混ぜ、より良い学校運営に繋がる可能性があります。

教職員以外の人脈が増え、ボランティア活動が活性化する

学校ボランティア活動をする青年

学校がコミュニティ・スクールを導入するメリットとしては、教職員以外の人脈が増えたり、ボランティア活動が活性化します。

学校の中にいると、学校以外の人脈が作りにくく、話をする機会すらないという先生は非常に多いと思います。

コミュニティ・スクールの意見が通るとイベントや、行事が増える傾向があったり、地域の人と話す場が増えたり、人脈が広がりやすくなると言えるでしょう。

ソルティー
僕のようなコミュニティ・スクールのコーディネーターがいると、地域内外から人を学校に連れてくる機会が増えます。これらの機会で先生方はたくさんの人と知り合う機会が増えるでしょう。

地域の将来を見据えた学校運営を行える

みんなで作戦会議

今までの学校運営は地域の将来や、課題を把握せず、文部科学大臣が制定する学習指導要領に沿った学校運営ばかりでした。

これは教育の『今』しか見ていない教育で、全国どこに行っても一律の教育ができるのは良いですが、特色が生まれにくくなります

子供たちが将来、地域に住むということを考えれば、大事なのは地域の課題や将来を考えた『これから』の教育をすることなのです。

その将来を見据えたこれからの教育を行うためにコミュニティ・スクールは最適なのです。

コミュニティ・スクールのデメリット

コミュニティ・スクールにはデメリットもあります。設置する際は以下の5つの点に気をつけていきましょう。

教職員の多忙化に繋がらないように工夫する必要がある

山積みの書類やアンケート

コミュニティ・スクール導入のデメリットは学校教職員の多忙化に繋がる可能性があることです。

学校運営協議会(会合)が開かれるのは学校が多いです。そして、全員がなるべく参加するために19時から…ということが多いです。

地域住民の負担も増えますが、鍵の管理のために学校教職員も残らなければいけないのです。

さらに、資料の作成、印刷など準備することも増えます。これらの準備は教職員が行っています。

業務効率化や、働き方改革とは逆になる可能性もあるので、できればボランティアの力を借りたいところです。

ソルティー
全員が参加しやすい時間帯にするのは仕方がないとしても、資料に関しては負担を増やしたくないなと思っています。じゃないと、学校側が「これ以上、何かさせるのはやめてくれ」と設置拒否にも繋がっちゃうのです。

僕が参加しているコミュニティ・スクールで実際にあったことですが、会議中に出された案の一つに清掃活動に関するボランティア活動があり、「教員の参加をどんどん促して欲しい」と言う話も実際に出ました。

案としては良いのですが、若干の生徒管理が含まれており、しかも土日の清掃活動だったのです。さらにその取組は毎年やっていることで、同じように参加者を増やす宣伝目的も若干入っていたと思われます。

「行きたい」と言う教職員がいれば良いと思いますが、ボランティア活動を学校として「言ってくれ」と言えば半強制的になってしまう可能性をはらんでいます

上記のような視点を持った校長の一人が「それは教員の負担が大きく増えるので、やめてください」と意見を返し、最終的に緩やかになり、教員も地域の一人として行きたければ参加するに落ち着きました。

ボランティア活動が活発になるのは良いですが、教職員の負担が大きく増えてしまうような取り組み(特に土日出勤を促すような取り組み)は気をつけて決定していきたいところです。

地域の権限が大きすぎる可能性がある

困った顔の先生と地域住民と偉そうなモンスターペアレント

コミュニティ・スクールのデメリットとしては地域の権限が大きすぎる可能性があります。

責任に関しては学校運営協議会に一定の責任はあるものの、最終的な責任は学校長になります。

そして、地域側は教職員の人事に介入できたり、教育委員会に意見できるなど大きな権限を持っています。

この状態で、自分の我が子可愛さだけを求めるような地域住民が万が一、学校運営協議会委員になった場合、地域のためになるばかりか、学校や、教育委員会の負担でしかないです。

大事なのは将来を見据えて、地域も学校も教育委員会も全体が少しずつ幸せになるように考えることが非常に大切です。

コミュニティ・スクール設置自体に壁がある

やる気ない人ばかりで悩んでいる女性

コミュニティ・スクールのデメリットとしては設置自体に壁があるという点です。

地域から設置しようと思っても簡単にできる仕組みではないし、学校から設置しようと思っても教育委員会が納得しない可能性もある。

さらに実際に設置ができたとしても、意欲や、目的意識の薄い地域住民ばかりだとコミュニティ・スクールはあまり動きません。

地域・学校・教育委員会が共通の目的を持つまでにも非常に大きな壁があるので、相当なパワーがかかるでしょう。

ソルティー
僕の場合は、地域外から「地域と学校が手を取り合うような学校づくりを一緒にやりませんか?」の一言から実際に設置に至るまで1年以上かかっています。しかも、最初から学校の信頼が多少あってこの年数なんで、覚悟を持って取り組まないといけないですね。

報酬が出ない・もしくは安い可能性がある

少ない報酬をぶっ壊す!

コミュニティ・スクールのデメリットとしては報酬が出ない可能性があるということです。

学校運営協議会委員は実は特別職の地方公務員という身分を有していて、相当の権力を持ちます。そのため、教育委員会が作成する条例の中から報酬が決まりますが、この金額が非常に安いです。

ソルティー
僕が関わっているコミュニティ・スクールの教育委員会がそもそもお金出す気がないだけかもしれませんが…。

この委員に対する報酬は教育委員会がコミュニティ・スクールに対する本気度そのものだと感じていて、この金額が安ければ安いほど教育委員会はあまり協力的ではない印象があります。

委員のやる気にも関わる要素の一つなので、しっかり予算は取ってもらいたいと思います。

関わる人の意欲に大きく左右されるので長期的な目線が必要

手を引いて待つ勇気

コミュニティ・スクールのデメリットとしては関わる人の意欲に大きく左右されるので、実際に全員で一致団結するまでに非常に時間がかかるという点です。

実際に会議が始まってから、全員がやる気を持ってスタートするということはあり得ません。絶対にほとんどの人が「これから何が始まるの?」「どう関わっていけばいいの?」「何をしたら良いか全く分からない」という状態からスタートします。

実際に僕が関わっているコミュニティ・スクールでも、1年経って「この1年は関わり方がよく分かっておらず、実際に何も起こせなかった。委員になっただけで自分の行動を反省している」と言っていた方がいます。

実際に1年で気付くなら早いほうで2〜3年かかるケースも多いようです。(事例を見るとやはり5年以上が多いです)

このように気付く委員なら良いですが、委員になって満足というか、何も活動を起こさない委員ばかりだと学校の負担が増えるばかりです。

しかし、活動しようとする意識になるまでには相当の時間がかかることを理解し、それを待つ覚悟と勇気と根気強さが必要になるでしょう。

コミュニティ・スクールのメリット・デメリットを理解し、活性化できるコーディネーター役が必要

いろんな世代と繋がり広げ合う

コミュニティ・スクールにはメリットもたくさんありますが、ちょっと間違えると学校や地域の負担が増えるデメリットの可能性も帯びています。

そのためには意欲的に活動するコーディネーター役になる人を立てるのがものすごく大切だと感じています。

うまく行っている事例を見てもコーディネーター役がいますし、コミュニティの運営にはそういう役が必要なのです。

実際の事例を見に行ったり、コミュニティ・スクール推進員(CSマイスター)を呼んだり、委員同士の連携を高めたり、研修を開いたりなど積極的な関わりをしていかないとコミュニティ・スクール自体が活性化しません。

では、一体誰が継続的にコミュニティの活性化を図るのか?というのがコミュニティ・スクールの大きな課題です。

ソルティー
そのために僕はコミュニティ・スクールサポートを立ち上げたようなものです。このコーディネーター的役割が抜けるとコミュニティ・スクールはうまく回らない確率が高くなるので注意しましょう!

学校運営協議会の設置や、その後、地域が一丸となるにはコミュニティ・スクールとコミュニティについて深く理解する必要があります。気になったらコミュニティ・スクール完全マニュアルをお読みくださいね!