Twitterアカウント新規作成
The following two tabs change content below.
会社をクビになって自信を無くしていた中でブログを始めました。
僕自身、ブログに救われたのでそんなブログの魅力を伝えられるような記事を発信していきます。
詳しいプロフィールはコチラ

今やTwitterは日本国内だけでなく、世界中で多くの人が使っています。

それだけ多くの人がTwitterを使っているので、「今更きけない!」「まだTwitterやってない!」なんてことありませんか?

今回の記事では「初心者向けガイド!」と位置付けて、Twitterのアカウントの作り方をまとめてあります。

 

Twitterとは

2006年に始まったSNSで、日本でも2008年から始まっています。

特徴はブログやFacebookと違い、1投稿につき140字以内という字数制限があること。

 

また基本的には誰でも見れるので、公開の要素が非常に強いです。

最近ではアメリカのトランプ大統領など、著名な方もTwitterを使っていますね。

 

Facebookなどの他のSNSと比べると、独特なルールというか風潮はあります。

Twitterのマナーについてはコチラ

 

Twitterアカウントを新規作成する際に必要な必要なもの

当たり前だけど、パソコンか、スマートフォンはないと使えませんよ。

それ以外の部分を説明しますね。

 

メールアドレス

登録に必須なのとログインの際に使う場合もあります。

フリーメール(yahooメールなど)でも問題ないです。

メールアドレスが他の利用者に公開されることはありません。

 

電話番号

アカウント登録の際に使います。

ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかがあれば大丈夫なので、メールアドレスを登録で使うのであれば電話番号は必要ありません。

 

ユーザー名

各ユーザーが設定する英数字の記号です。

僕のアカウントで言うと、@以下の「nr880622」の部分がユーザー名です。

Twitterのユーザー名

任意の英数字を使えますが、他の人と同じものは使えないのでそこだけ気をつけましょう。

 

パスワード

Twitterにログインする際に使います。

英数字で6文字以上で自由に設定できます。

 

Twitterアカウントを新規作成する手順

アカウント作成まで

Twitterアカウントの新規登録の手順をまとめています。

写真はスマホで登録した場合ですが、パソコンで登録する場合も流れは同じです。

Twitterアプリをインストール

Twitterアプリ

まずはTwitterアプリをインストールしましょう。

インストールやTwitterの運用に関して全て無料でできます。

Google ChromeなどのブラウザでもTwitterは使えますが、アプリをインストールしておくとリプライなどの通知もすぐに見れるので何かと便利です。

 

電話番号、またはメールアドレスを入力

Twitterのアカウントを作成

アカウント登録に必須なので必ずどちらかは入力しましょう。

他のユーザーに公開されることはありません。

名前については、Twitter上に出るので本名を載せたくない人は任意の名前を考えましょう。

 

アカウント作成と認証コード

名前と電話番号もしくはメールアドレスを入力すると、入力した番号(SMS)もしくはアドレス宛に認証コードが送信されます。

6桁くらいの数字ですぐに来ているはずなので、認証コードを確認して入力しましょう。

Twitterの認証コード

 

パスワードの設定

認証コードを入力したら、次に設定するのがパスワード。

Twitterのパスワード

パスワードは6文字以上で、全て英数字で入力しましょう。

ログインの際に必要になるので忘れないようにしましょう。

 

アカウント作成後の設定

ここまででアカウント自体は完成していますが、以下の手順もやっておくとスムーズにTwitterがスタートできますので、できればやっておきましょう。

 

Twitterプロフィールの設定

ここまでの手順でアカウントそのものは作製されました。

ここからは、プロフィールなどオプション的な作業です。

Twitterの自己紹介

自己紹介は160文字まで書けます

 

まずやるのが自己紹介(プロフィール文)の作成。

Twitterのプロフィール

Twitterのプロフィールは、他のユーザーがあなたのページに来た際に必ず目に入る部分です

あなたがどんな人か、どんなことをしている人か分かるように記入しましょう。

 

電話帳の同期

スマホなどに入っている電話帳(アドレス帳)のデータと同期させることもできます。

これをやることで、あなたの電話帳にある人のアカウントを見つけてフォローすることも可能です。

 

ただ、Twitterは匿名性の文化のほうが根強いので「友達には知られたくない」など、特に必要なければスルーしても大丈夫です。

 

トピックの選択

トピックの追加

トピックについてはやってもやらなくてもいいですが、GPSがオンになっていれば近場の情報が入ってきやすくなるというメリットがあります。

補足
Wi-Fiの仕様でドイツと認識されたため、ドイツ近辺の情報が出てきました(笑)
基本的には日本国内や東京など特定の地域に関するトピックが出てきます。

 

さらに同じような形で位置情報などを基におすすめのアカウントも表示されます。

おすすめのアカウント

気になるユーザーがいれば、フォローしておきましょう。

 

通知のON/OFF選択

Twitterのリプライ(返信)、いいねなどがあった時に通知が来るようにするかどうかの設定です。

どちらでも大丈夫です。

なるべくすぐに返信などを見たい方はオンにしておきましょう。

 

ユーザー名の設定

Twitterのユーザー名記入

最後にやるのがTwitterのユーザー名の記入。

実は、アカウントを作った段階でランダムの英数字が割り振られてはいるので、そのままでもTwitterアカウントは使えます。

 

ただ、無作為の英数字で分かりづらいので、自分の生年月日、好きな英数字などを使ってユーザー名を設定しておくと、より分かりやすいですね。

15文字以内という字数制限はあるので、そこだけ注意。

 

Twitterアカウントを非公開にする

基本的にTwitterは世界中の誰もがあなたの投稿を見ることができます。

でも「誰でも見れるのは…」という方は非公開アカウントの作成もできます

補足
非公開アカウントのアカウントは「鍵アカ」とも呼ばれています。

 

非公開アカウントの作り方は、「設定とプライバシー⇒プライバシーとセキュリティ」といくと、このような画面になります。

非公開アカウントの設定

一番上の「ツイートを非公開にする」の部分をタップしてオンにすれば、それだけで非公開アカウントになります。

非公開アカウントは、名前の横に鍵のマークがついています。

Twitterの非公開アカウント

鍵マークがついていれば、非公開アカウントの完成です。

 

非公開アカウントにした場合、あなたの投稿はフォロワーの方しか見れません。

また誰かがあなたをフォローする際は、あなたが承認しない限りはフォローすることができません。

逆にあなたが誰かをフォローしたり、いいね、リプライなどをすることについては制限はありません。

 

Twitterを活用してみよう

ここまでできれば、あとはツイートして発信するのみです。

あなたの発信をTwitterを通じて届けましょう。

Twitterの使い方はコチラ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう