Twitter
The following two tabs change content below.
会社をクビになって自信を無くしていた中でブログを始めました。
僕自身、ブログに救われたのでそんなブログの魅力を伝えられるような記事を発信していきます。
詳しいプロフィールはコチラ

ブログをやっている方でTwitterをあわせてやっている方が多いですが、上手く連携させて使えていますか?

ブログとTwitterで相乗効果を埋めれば、最高ですけどどうすればいいか。

 

実はWordPressでは記事の中やサイドバーにあなたのツイートやTwitterアカウントを埋め込んで表示させることができます

この方法を使うと、ブログの読者があなたのTwitterアカウントを認識して、フォロワーアップにつながることもあります。

ブログの成長のために、Twitterも一緒に成長させてみませんか?

 

TwitterをWordPressに埋め込むとは

この記事で紹介していることは大きく2つで、

  • 記事内に特定のツイートを埋め込む
  • あなたのTwitterアカウントのタイムライン(ツイート一覧)を表示する

 

記事内は好きな場所にツイートを埋め込むことができて例えば、

WordPressの記事内にツイートが入った

記事の内容の応じて自分のツイートを使う場合があります。

クリックすればあなたのツイートやアカウントのページにもアクセスできるので、あなたのTwitterアカウントの認知にもつながります

 

もう一つはあなたのTwitterアカウントのタイムラインの表示。

サイドバーに自分のタイムラインを埋め込む

基本的にサイドバーに埋め込むのがセオリーですが、このようにあなたのツイートが時系列順で一覧になって出てきます。

こちらもツイートを埋め込んだ場合と同じくクリックすることでツイートやアカウントのページにアクセスできるので、Twitterアカウントの認知やフォロワーの増加につなげることもできます

 

TweetをWordPressに埋め込む方法

埋め込むツイートを選ぶ

まずは記事中に埋め込みたいツイートを選びましょう。

自分のはもちろん他人のツイートでも埋め込みは可能です。

埋め込むツイートを選ぶ

 

ここではこのスマートニュースのツイートを選びました。

ツイートの右上に「✓」をクリックすると、「ツイートを埋め込む」という表記が出てくるのでそれを選択。

ツイートを埋め込むを選択

 

Twitter Publishにアクセス

「ツイートを埋め込む」を選択すると「Twitter Publish」というサイトに飛びます。

Twitter Publish

コードをコピー」をクリックすれば、そのまま埋め込み用のコードがコピーされます。

 

WordPressの記事に貼り付ける

コードをコピーしたら、あとは記事内にコードを貼り付けるのみ。

貼り付ける場所は記事を書く場所の右上に表示されてますが、普段書くビジュアルではなく「テキスト」に切り替えましょう。

今回のようなHTMLタグの場合は、全般的にテキストの方に貼り付けます。

埋め込みコードを貼り付ける場所

 

コードを貼り付けて、プレビューで確認。

記事中にちゃんとツイートが表示されていれば大丈夫です。

WordPressの記事内にツイートが入った

このように挿入されてればOKです

 

リプライの場合は相手のツイートを隠すことも可

リプライの場合は少し変わり、同じやり方で埋め込もうとすると自分のツイートに加えて相手のツイートも一緒に表示されます。

それでも良いならそのままコードをコピーしても良いですが、会話を隠して自分のツイートのみを表示させることも可能です。

リプレイは相手のツイートも表示される

会話を隠すと会話相手のなかのの夫さんのツイートが表示されなくなります。

 

カスタマイズで会話を隠す

ツイートの上にカスタマイズの設定の場所があるのでそこを使います。

Twitter Publishのカスタマイズ

カスタマイズ設定でいくつか設定する箇所が出てきますが、「会話を隠す」にチェックを入れるだけです。

これだけで相手のツイートが隠れて、自分のツイートのみが表示されます。

 

会話を隠す

後は更新し、さきほどと同じやり方でコードをWordPressに貼り付ければOKです。

 

自分のTwitterのタイムラインをWordPressに埋め込む

ここまでは特定のツイートを埋め込む方法でしたが、Twitterアカウントのタイムライン自体を埋め込む方法もあります

任意の場所に埋め込むことは可能ですが、基本的にはサイドバーに埋め込むことがほとんどです。

サイドバーに自分のタイムラインを埋め込む

記事下などに埋め込むことも可能なので、いろいろ試してみましょう。

 

Twitter Piblishにアクセス

使用する際とは同じくTwitter Publishです。

アクセスすると早速「何を埋め込みますか?」と表示されますので、そこに自分のTwitterアカウントのプロフィールページのURLを入れましょう。

TwitterのURLを記入

「https://twitter.com/」までは共通で、そこから先は各自のユーザーネームになっています。

 

埋め込みタイムラインを選択

URLを記入すると、表示の仕方で「埋め込みタイムライン」と「Twitterボタン」の2択が出てきますが、今回はタイムラインを埋め込むので、「埋め込みタイムライン」を選択しましょう。

 

埋め込みタイムラインを選択

 

埋め込みタイムラインを選択すると、ツイートを埋め込む時と同じく埋め込むコードが表示されるので、あとは同じ流れでコードをコピペします。

 

TwitterをWordPressに埋め込み、あなたのTwitterを認知してもらおう

  • ツイートを埋め込むのと自分のタイムラインを埋め込む2つの方法がある
  • どちらもTwitter Publishというサイトを使う
  • 基本的にやることは、作成されたHTMLタグのコピペ

 

3年ほどブログと各SNSをやって感じましたが、数あるSNSの中でもTwitterはブログと相性が良いなと感じます。(発信内容にもよりますが)

今回のように貼り付けもすぐできますし、アクセスにも結び付きやすいです。

ブログとTwitter、両方を成長させてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう