テーマを選ぶ前に読んでほしい!SEOに強いって本当にあるの?
The following two tabs change content below.

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

ぱそらっく
あー、このテーマ良さそうやなぁ…。ゴクリ。
ソルティー
おや、一体何がそんなに良さそうなんですか?
ぱそらっく
いやな、「SEOに強い」って書いてあんねん。ウチのテーマも変えたらググーンと検索上位に上がるんちゃうかと思ってな。
ソルティー
待った。SEOに強いWordPressテーマって意味分かって言ってます?
ぱそらっく
ん…あ、あれやろ。SEOに強かったら検索上位に確実に行く…んやろ??
ソルティー
あー、レベル感が分かりました。ちゃんと詳しく説明します(笑)

「SEOに強いって何?」

この話題はWordPressテーマを探すと間違いなく出てくる言葉です。

ブログ初心者の中でSEOって言葉だけ聞くとなんか検索上位に表示されやすいと思う程度の認識です。

では本当にSEOに強いってあるんだろうか?

今回はこの言葉を分かりやすく解説していきます!

確実に検索上位に上がるWordPressテーマは存在しない

本当に残念ですが、SEOに強いWordPressテーマは存在しません。

SEOに強いっていうのはこのテーマを使えば検索上位に必ず行きます!というのはないということです。

むしろそんなテーマが存在したら、みんな絶対使いますよね。

SEOでは大まかに分けて2つの指標があります。

「なんだー、じゃあSEOに強いってのがないんだったらどれ選んでも良いんじゃん!」

ってのはおっしゃる通りで、ぶっちゃけどれでも良いです!

SEOに強いというよりもコンテンツの中身が大事だからです。

だから何を書いても確実に検索上位に行く!というテーマはありません。

しかし、検索上位に行きやすいというテーマは存在します。

確実に検索上位になる確約はできないけど、SEO対策しやすいというテーマは確実に存在しているんです。

ソルティー
要は本気で集客するならSEO対策しやすいテーマを選んだほうが良いよ!ということですね。

じゃあ、結局、SEO対策しやすいっていうのはどういうこと?を見ていきましょう。

見やすい記事が作りやすい=コンテンツの質

コンテンツの質って何なのか?って話にもなるんですが、これにもさまざまな指標があります。

こちらも大まかに分けると2つに絞られます。

コンテンツの質って何?
  1. 記事自体の内容
  2. 記事が見やすく分かりやすいか

つまりどういうことか?というと、こちらの2つの画像を見比べてみてください。

読みにくい文章
文章が詰まって見にくく分かりにくい
すごく読みやすい!いつも読むの諦めてたけど、これなら私でも分かるわ!感動!
適度に空き、画像もあり、見やすく分かりやすい

吹き出しがあったり、枠があったり、文章の行間が見やすかったり…っていう一つ一つがコンテンツの質(見やすさ・分かりやすさ)に繋がっているということですね。

囲み枠や、吹き出しで見やすさも工夫する

特に文章が詰まっていると見にくくて読みにくくて、結局分かりにくいコンテンツになってしまいます。

こういうのを可読性というんですが、その可読性を高める機能がテーマに存在しているか?は非常に重要です。

内部SEO対策が済んでいる

内部SEO対策というのはものすごく簡単に言うと検索エンジンで検索に載せるためには必須の機能を指します。

SEOには内部SEO対策と外部SEO対策の2つがあります。

SEO対策は内部と外部両方行うことで最大限の効果が生まれる

内部SEO対策の例で言えば現在はスマホ表示可能でなければほぼ検索上位に来ることはなくなりました。

レスポンシブデザインというのですが、この機能がWordPressテーマで実装してくれていなければ初心者は自力で追加はほぼ不可能です。

検索上位にするには下記のような項目や、表記がWordPressテーマにあるか探してみましょう。

検索上位にくるために必要な機能
機能の名前よく見かける表記
ページ表示速度
  • Google PageSpeed Insights で○○点以上
  • 高速化
  • 非同期読み込み
レスポンシブデザイン
  • レスポンシブ対応
  • スマホで表示可能
  • モバイルファースト
構造化データ
  • 構造化データのマークアップ

最もオススメのSEO対策済みのWordPressテーマ

さきほど挙げたようにSEO対策が済んでいるというWordPressテーマが検索上位に行きやすいです。

では、SEO対策という観点で考えた時、WordPressテーマで一番何が良いのか?を無料、有料でそれぞれ紹介します。

無料で最もオススメなのは『Luxeritas(ルクセリタス)』

WordPressテーマ ルクセリタス

SEO対策済みWordPressテーマで無料の中で一番オススメなのは、るなさんが作成しているLuxeritas(ルクセリタス)ですね。

Luxeritasの特徴
  • Google PageSpeed Insightsで100点
  • HTMLや、CSS、動的ファイルに至るまで圧縮可能
  • W3Cの文法チェッカーで警告や、注意文が出てないほど完璧な状態
  • PWAなど最新技術をいち早く取り入れる
  • Google開発に携わったマット・カッツ氏が使うSEO最強テーマ『Genesis Framework』を模倣
  • Bootstrap(軽量化済み)により、デバイスを意識することなく統一的に表示可能

もう初心者の方は何がなんだか分からないという単語の羅列だと思いますが、簡単に言うと有料テーマでも追いつけないほどのSEO対策済みのWordPressテーマなんです。

無料で有料テーマをある一点でも凌駕しているテーマはLuxeritasくらいじゃないかなと思います。

無料ではCocoonというWordPressテーマも人気ですが、SEO対策という点だけで比較すると圧倒的にLuxeritasのほうが上でしょう。

ただし、デザインが簡素というデメリットがあるので、デザインに凝りたいなら自分でCSSなどを追加していく必要はあるかなと思います。

ソルティー
意外とコメントにも丁寧に返しているのでサポートも充実している感がありますね。

有料で最もオススメなのは『THE THOR(ザ・トール)』

SEO対策済みの有料テーマ『THE THOR』

SEO対策済みWordPressテーマで有料の中で一番オススメなのは、フィット株式会社が制作しているTHE THOR(ザ・トール)ですね。

THE THORの特徴
  • Google PageSpeed Insightsで90点以上
  • 構造化マークアップにこだわった設計
  • AMP・PWA・圧縮機能など高速化できる機能など盛りだくさん
  • スタイルの適用でデザインが苦手な人でもプロのようなサイトが一瞬で出来上がる
  • 絞り込み検索で詳細な検索が可能

設定項目が多く、いろいろな点が細かくカスタマイズでき過ぎるという点がありますが、それだけ細かい点までこだわってサイト設計ができるというのがメリットでもあります。

ブログ初心者の方だと、設定がありすぎて迷いやすいですが、面倒な方だったらスタイル適用でプロのようなデザインをそのまま適用できるのが強み。

SEO対策だけでなく、デザイン性まで網羅しているのがTHE・THORの強みですね。

また、絞り込み検索ができるというのは地味に良い点。

通常、絞り込み検索は依頼すると10万円クラスの代物なので、それが標準実装されているのはユーザーのことを考えた作りがしやすいな〜と感じます。

THE・THORは角ばったデザインなので少々カチッとしているのが気になりますが、企業向けメディアや、男性ブロガーには非常に合うかと思います。

THE・THORはレビューもしているので、詳しくはWordPressテーマ『THE THOR』を本音で評価・レビューをお読みください。

SEO対策済みのWordPressテーマでよくある質問

SEOに強いって聞いたのに検索上位に行かないんだけど?
コンテンツが悪ければ検索上位には行かないです。コンテンツを見直しましょう!

何度も言いますが、SEO対策済みだからと言ってもコンテンツが悪ければ絶対に検索上位に行きません

見やすい、分かりやすいをしっかり作り込み、文章だけではなく、画像なども駆使しながら丁寧に作り込んでみましょう。

無料と有料だったら、やっぱり有料のほうがSEO対策が済んでますか?
そんなことはありません。実は無料も有料も関係ありません。

無料と有料だったらどっちが良いってホンッとよく聞かれるんですが、どちらも同じです。

というか、SEO対策のみで比べたらLuxeritas(ルクセリタス)に勝てるWordPressテーマはないです。あのテーマはSEOにこだわりまくっているので、SEO対策に関してはバケモノです(笑)。

ただ、有料テーマの何が良いか?っていうと、カスタマイズ性とデザイン性です。

有料テーマはお金をとっている分、誰でも使いやすいように工夫してくれていたり、デザインが苦手な人でも少ないコードで簡単にとか、ボタンを押すだけで簡単にとか…なるべく簡単に作れるように配慮してくれているのです。

逆に無料テーマの場合、「分かってる人がついてきてね」というスタンスが多く、枠をつけたり、吹き出しをつけたり…みたいなものはあとから自分で実装しないといけないケースが多いです。

 それでも最近はある程度付いています。

そのため、パソコンが苦手な初心者こそWordPressテーマは有料を使ったほうが後々苦労しないと思います。

私、形から入りたいのでデザインをしっかり作り込みたいんです。
デザインよりもコンテンツに先にこだわってください。

めっちゃくちゃ多いんですが、「私、形から入りたいので、デザインができあがってからじゃないとブログが書けません」という人が結構な割合でいます。

そうしている内にどんどん他の人に置いてけぼりをくらったり、結局形を作れないままブログ運営が終了したりするケースを本当にたくさん見てきました。

なので、やれるならデザインはそこそこにしてサクッと作り、ブログの中身や、どのようにしたら見やすいか?にこだわってください。

デザインは人が来てからでも遅くないです。

ちなみにそういうサクッと作る場合はWordPressの有料テーマのほうが簡単にそれなりの見た目になるように工夫してくれています。

なので、初心者ほど有料テーマのほうが個人的にはオススメです。

ソルティー
あとからテーマ乗り換えも大変です(体験談)。だったら最初から有料テーマにするのは賢い選択!

地道にコンテンツを積み上げ、SEO対策済みのテーマで運営するのが一番近道

では、今回のまとめです!

SEOとWordPressテーマが気になった方は…
  • SEOに強いはない!SEO対策済みかどうかは仕様をよくチェック!
  • 無料だろうが有料だろうが関係ない
  • テーマの良さだけで検索上位に行くことはない
  • デザインより前にコンテンツにこだわる

SEOに強いはまやかし!

SEO対策済みかどうかをしっかり見極めつつ、デザインにこだわる前にコンテンツにこだわっていきましょう!

分からない人は最初から有料テーマにするのも賢い選択です。

WordPressテーマ情報の一覧はWordPressのテーマ一覧にまとめてあります。分からない人は絶対読みましょう。

関連キーワード
関連コンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう