ロリポップ!レンタルサーバーでWordPressのテーマ編集ができない時に確認したい3つのこと
The following two tabs change content below.

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

こんばんは。

今日もブログの更新捗ってますか〜?

さて、WordPressを使っている方はプラグインを追加している方がほとんどだと思います。

段々カスタマイズが面白くなってくると次にいじりたくなってくるのが、テーマファイルの編集。

 テーマファイルとは?

テーマとはWordPressの外観を構成するテンプレートのことです。この中身をカスタマイズすることで、トップページの構成、投稿ページの外観、見出しなどを変更し、オリジナルのウェブサイトを作り出せます。

今ではいろんなブログでカスタマイズの方法が載っているので、意外とカンタンに改造できたりします。

ところが、テーマや、プラグインを変更しようとすると403エラーになってしまうことがあります。

私の場合は、ロリポップ!というレンタルサーバーを使っていた時、テーマファイルを編集をしても反映されない、またはテーマ編集できないということが多くありました。

403エラー。指定されたページ(URL)へのアクセスは禁止されています。

更新ボタンを押してもこのような画面になる場合は更新されません。

今回はこのロリポップ!で起こり得るテーマファイル編集がうまくいかない時に確認して欲しい3つのことをお伝えしていきます。

ロリポップ!レンタルサーバーでテーマ編集ができない時に確認したいこと

1.WAFをOFFにしているか?

実はロリポップ!にはWAF(Webアプリケーションファイアーウォール)という機能があります。

これは悪意のある人からファイルの改ざんを防ぐ機能になっているのですが、実は防御し過ぎて自分で変更しようとしたことでも防御してしまう可能性があるんです。

私はこれが原因でテーマファイルが更新できず、なかなか解決に至りませんでした。

まさかロリポップ!固有の機能が邪魔してるなんて……。

じゃあ、ずっとOFFで良いじゃん!と思うかもしれませんが、基本はONにしておきましょう。

なぜかというとWordPressはみんなが使っているシステムなので、悪意のある人から狙われやすいのです。

攻撃を防御してくれるのがWAF機能。いざという時のために守ってくれる盾なのでONにしておきましょう。

WAFの機能とメリット

  • Web上で動作するサービスでユーザーからの入力を受付を制限できる
  • 不正な攻撃から守る防御の役目がある

WAFのデメリット

  • 防御し過ぎて、こちらで行いたい変更もブロックすることがある
  • 防御をイチイチ解除して、変更し終わったらまた起動する必要がある

ロリポップでWAF機能を一時的に無効にする方法

ロリポップにログイン後、WEBツール→WAF設定から行います。

ロリポップWordPressテーマ編集できない時:ロリポップ!でWEBツールからWAF機能をクリック

URLにSSLと書かれていないほうを無効にします。ロリポップWordPressテーマ編集できない時:WAFを無効にする

設定変更には時間がかかるようで、無効にしてから5分程度かかるようです。

しばらく待ってから変更を加えれば正常に書き込みすることができます。

ロリポップWordPressテーマ編集できない時:WAFをOFFにすればテーマファイルの編集ができる

2.マルチサイトにしていないか?

マルチサイトとは一つのドメインで、複数のウェブサイトを持っている状態のこと。

この状態になるとサイト全体を管理する上位管理者が現れます。

マルチサイトの構造 サイト管理者とユーザー管理者がいる

各サイトの管理をする人はユーザー管理者という権限になり、操作が若干異なります。

テーマや、プラグインの操作はサイト運営管理者でなければ行なえなくなるので注意しましょう。

3.キャッシュを削除してみたか?

WordPressというよりはインターネットの基本的な機能の話ですが、キャッシュというウェブサイトの情報を一時的に保存しておき、読み込みを早くする機能があります。

ただ、テーマファイルの編集を行った際、編集を行う前の情報が一時的な情報として保存されていると、新しいページの情報が読み込めません。

ブラウザキャッシュでテーマがうまく読めない場合の構成図

そんな時には通常の再読み込みではなく、ブラウザキャッシュを消しつつ再読み込み(スーパーリロード)するようにしましょう!

Shift + F5でスーパーリロードできます。

Google ChromeのSuperCache

Google ChromeのCacheの消去

  • STEP1
    右上の…(3点リーダー)をクリック
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    その他のツールをクリック
  • STEP3
    デベロッパーツールをクリック
  • STEP4
    左上の再読み込みボタンを長押し
    長押ししたままにする
  • STEP5
    キャッシュの消去とハードの再読み込みを選択
    キャッシュの消去とハードの再読み込みにカーソルを合わせてから長押しを解除してください。

 ショートカットキー

ブラウザによりますが…

[CTRL]+[F5]もしくは

[SHIFT]+[F5]でもできます。

ロリポップ!レンタルサーバーでテーマ編集できないなら細かな設定を見直してみることが大事

まとめです。

  • WAFを一時的にOFFする
  • サイト管理者として操作をする
  • テーマ編集後はキャッシュを削除する

テーマファイルが編集できないと焦ってしまうことも多いですが、このように簡単に解決できるものも多いです。

ロリポップ!だけの対処法ではないものもありますが、ロリポップ!で「WordPressをしたい!」という方は初心者が多いので、まとめてみました。

ぜひ参考にしてくださいね〜。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう