ゲームする子供

やりたいことだけやればいいって冗談じゃない

私だってやりたいことやりたいという意見は分かります。というか、それをやらせてもらってます。
でもね、やっぱりやりたいことだけやればいいって突き抜けちゃうのは本当は良くないと思うのです。
 

確かにやりたいことは重要だ

やりたいことってのは自分の興味があること。なので、やりたくないことの何倍もチカラが出ます。ぶっちゃけて言うと100倍くらいパワー変わるかもしれません。
 
その上で徹底的にやりたくないことを排除し、やりたいことだけで突き進めば確かに夢は叶うかなと。
私もフリーランスになってからは、そうやって生きてきました。
自分にとってすごくラクですし、仕事が仕事じゃなくて、遊びの延長みたいになって、好きなことして生きていく。まさにYouTuberみたいな生き方です。
それで評価をもらって、たくさんのお客さんからいろいろ言ってもらって嬉しくなりました。
有頂天になりました。

子供の存在はやりたくないことに含まれる?

あまりこういう言い方をしたくないのですが、子供の存在ができてからというもの、この好きなこと『だけ』して生きていくができなくなりました。
兄「おとーさん、一緒にゲームやろ」
弟「おとーさん、宿題教えて〜」
三「びやぁぁぁやぁぁぁ(大泣)」
「弟が悪いだろ!」「兄が!!」⇒ケンカ
 
確かに子供と触れ合うことは好きです。ゲームも好きです。でも、四六時中、子供と触れ合うなんて無理ッス。
特に三男と長女はまだ小さいこともあってか、お父さんかお母さんのどちらかに付いていなければ泣き出します。
その上、兄や、弟が遊ぼう遊ぼうとやってくるので、いろんなことが手につきません。
 
さらに宿題が輪をかけて厄介です。
教える時、答え合わせをするなど親の出てくる頻度が多すぎる。
そういう風にアンタが育てたんじゃろという声も上がってきそうですが、それにしても多い。
 
育児は仕事より大変という認識もあるようですが、育児は立派な仕事だと思います。
育児ストレスという言葉があるように、たぶん、育児は手がかかる分、『やりたくないこと』に分類されるのかと思います。
だって、やろうとしてたことはできなくなるし、中断されるから中途半端だし、終わったと思ったらまた泣き出すし。
 
そんなことを知ると、ママの存在は大きいッス。世の中のパパさんはそれを分かった上でいろいろ文句言ってください。

ADHDの特性も大きいのかもしれない

ストレスをこれだけ抱えているのは多分、ADHDという特性もあるのかもしれません。
あんまり障害のせいなど言いたくないのですが、本当に厄介です。
 

とにかく鳴き声が気になる

ADHDの特性上、耳が鋭敏です。聞こえなくて良い音まで聞こえてきます。
夜泣きは大体起きちゃいますし、日中も子供泣いていたら集中できなくなるので、何倍も遅い仕事になります。
 
耳栓するか、どこかに逃げ出したいと思うくらい。

中断されるとどこまでやってたか分からなくなる

これもADHDの特性なのですが、鳴き声が始まると頭の中がぐちゃぐちゃにかき回されます。
なので、ついつい子供の方へ向かうのですが、中断されちゃうと、どこまで仕事を進めていたのか分からなくなっちゃうのです。
 
そちらに向かう前にメモでも残せばいいのですが、鳴き声始まってるのでメモが残せません。

やりたいことだけって言われても

やりたいことだけやればいいと言われても、子供のことは『やりたくないこと』であっても放置はできません。
むしろ「やりたいことだけやってみたらいいよ」って言う人ほど、子供がいなかったりすることが多いので、そういう人の言葉は何となく信じられなくなってきました。
 
子供の相手、家事、全部ママに任せてないで、子供相手・支度など全部こなしてからそれ言ってみなさいと言いたい。
 
やりたいことをやれているのは、他の人たちがせっせとアルバイトしたり、会社員として働いているからで、むしろやりたいことをやらせてもらっているという意識をちょっとだけでも持っていると他の人に感謝の念が生まれると思う。
少なくとも「まだ消耗してるの?」なんて言えなくなると思う(笑)。

とはいえ、私もまだまだ改善できる

私だってやりたいことだけやっていたい。だったらどうする?
 
それが我が家の課題。
たぶん、家庭によっていろいろな課題はあると思いますが、この課題にちゃんと向き合うことが一番大切なことなのかと思います。
 
ひとまず早寝・早起きして自分の時間を作るということから始めてみます。]]>

幸せな先生から子供たちへの循環を作るオンラインサロン『ティーチャーズアソシア』
ブログの更新をいち早くお届け!メルマガ読者募集中!