はてなの天秤

コミュニティ・スクールを実際にやり始めようと調べてみると、なんだか似た名前が出てきますよね。

その中でも似ているのが学校運営協議会と学校評議員です。

「コミュニティ・スクールの学校運営協議会と学校評議員って全く同じものじゃないの?」

「学校運営協議会に属している人のことを学校評議員って言うんですよね?」

という声が上がったりします。

ソルティー
名前が似てて、どうしても間違えちゃいますが、似て非なるものです!僕も間違えてた時があります(笑)

今回はその学校運営協議会と、学校評議員の違いについて説明します。しっかり覚えておきましょう!

学校運営協議会とは

学校運営協議会はものすごく簡単に言うと学校運営に対して意見を述べることができる、地域の中でも教育に対して知識や経験を持つ人たちによる『機関…です。

学校運営協議会は教育委員会や、校長に対して「これは良い」「これはやめましょう」と直接言える権利を持っていて、地域の中では学校に対してものすごく権力を持った重要な機関になります。

ソルティー
たま〜に見かけますが、学校運営協議会の運営自体を学校で担っているケースも見受けられます。基本的に学校運営協議会の一員に教員はなれないので、設置の仕方が間違っているんで、注意です!

ちなみに学校運営協議会はコミュニティ・スクールと全く同じものです。

学校運営協議会が学校に設置されると、開かれた学校作りを推進でき、学校・家庭・地域の連携がより加速するのです。詳しくはコミュニティ・スクールとはをお読みください。

学校運営協議会と学校評議員の違い

これ、ものすごく間違えやすいので注意しましょう。学校運営協議会と学校評議員は別物で、学校運営評議員という役職はありません

また学校運営協議会は学校評議会と訳されることもあるので、余計ややこしいので注意しましょう。

ソルティー
めちゃくちゃややこしい…!僕も任命された当初は意味が分かってませんでしたw

違いを表にするとこんな感じです。

学校運営協議会学校評議員
導入時期2004年(平成16年)9月2000年(平成12年)4月
目的地域と学校が共に学校運営について考え、協同的な教育を創るより良い学校、開かれた学校作りにする
人物像地域の教育有識者による合議制の機関地域内外の教育有識者個人
誰がやるか保護者、学校に対しての協力的な地域住民、教育委員会が必要と認める者校長が必要と求める人物
(基本的に地域外の人物でもOK)
役割・校長が作成する学校運営の基本的な方針について承認と要望
・当該学校の職員の採用その他の人事について意見
※拘束力がある
校長の求めに応じ、個人として意見を述べる
※拘束力はない
責任学校運営協議会にも一定の責任がある評議員に責任はない
権限強い弱い
任命・設置学校運営協議会の設置者(ほとんどは教育委員会)が任命校長が推薦し、学校の設置者が委嘱
ソルティー
ちなみに僕は地域外の人なので、教育委員会が必要と認める者で学校運営協議会に参加し、校長が必要だからということで学校評議員にもなっています。かなり特殊な立場ですww

大きな違いは役割と権限

学校運営協議会は学校評議員と違い、単に意見を言うだけではダメで、学校運営に参画し、校長が作成した学校方針を承認したり、意見を述べて、共に学校を作っていくという役割を担っています。

権限も学校評議員に比べて強いので、校長や、教育委員会に対して拘束力があり、意見されたことに関して「いや、それは…」みたいな学校は言い逃れが簡単にできません

ただし、それは学校運営協議会にも一定の責任があり、共に学校を創っていくという意識を持っていないといけないのです。

ソルティー
単に意見だけ述べて「はい、終了〜。あとは頑張って」みたいな感じにはできません。意見を実現できるように学校運営協議会が一丸となって取り組む必要があります。だから、単なるクレーマーでは入れない機関です。

学校運営協議会は組織、学校評議員は個人と覚えよう

では、簡単にまとめます。

学校運営協議会と学校評議員の違い
  • 学校運営協議会は合議制の期間。個人は差さない
  • 学校運営協議会は学校や、教育委員会に指示が可能だが、一定の責任がある
  • 学校運営協議会では学校の運営や、人事に対して承認したり、要望を出せる
  • 学校評議員とはそもそも目的が違う

この辺りを頭に入れておきましょう。

学校運営協議会の設置や、その後、地域が一丸となるにはコミュニティ・スクールとコミュニティについて深く理解する必要があります。気になったらコミュニティ・スクール完全マニュアルをお読みくださいね!

おすすめの記事